術後の抗がん剤治療スタート(1クール目)

本日から半年間(3~4週間毎)術後の「抗がん剤治療」が始まりました。

前回記事等の辺コメには一部書いていたのですが、先週中くらいから全身「痒み」が出ています。
蕁麻疹程酷くはないのですが、微妙に湿疹と体全体が少し赤っぽいです!

前回受診(14日)からようやく「入浴」解禁になったのに、結局入浴したのは14、15日だけで、温まると痒みが増すので16日から自粛しています(^_^;)

14~21日(本日)の8日間で病院通い「5日」しました。
・14日~術後の初回診察
・16日~掛かり付けの皮膚科(クリニック)・・・塗り薬、抗アレルギー飲み薬
・17日~手術した病院の外科外来→皮膚科に回された(検査、処方無し)
・19日~手術した病院の救急外来(血液検査、塗り薬処方)
・21日~手術した病院の外科外来(血液検査、抗がん剤治療開始)

本日も「血液検査」して肝機能や白血球等大きな問題ありませんですたが、アレルギーの項目「EOSINO」が 22% (5%Max) で異常に高い数値でした。
この値は手術前は0~3%位で推移も、手術後は5~7の値を示していました(本日時系列データ入手で判明:8/26が最後)。

現在も痒みは続いていますが、アレルギーの原因確定は難しいみたいです。

それでも抗がん剤治療には影響しないと言う事でスタートしました。

術前の抗がん剤治療(7/13〜7/15)以来、約2ヶ月振りです。

副作用が小さいと言いなぁ、、。


下記は本日の診療明細です(合計11,494点)。
本日は再診なのと薬が出てないので処方代は入っていません。
 又抗がん剤治療時の血液検査代は低く抑えられていると思います(セット?)



CEA ----------12.1(7/6術前) →   2.4(9/21)   (基準5.0以下)
CA19-9 --------28.8(7/6術前) → 24.4(9/21)   (基準37.0以下)

スポンサーサイト



退院後の初外来

本日は退院後初めての外来受診日でした。
と言っても今日は検査は何も無しで、術後(退院後)の経過確認と来週以降の抗がん剤治療について説明を受けました。

 1.経過について
 ①痛みは大分良くなってきたけど、まだ痛いと話す
  痛み止めは退院後も暫く寝る前だけ飲んでいた旨も話す
  又、月曜日は8割程度の速さだけど50分位歩けた事も話す
  →痛みはもう少し続くだろうとの事(後1~2カ月で腹筋が戻るまで?)
  →痛み止め今は飲んでいないなら飲まなくて可

  ②開腹切開し縫合箇所下部分の「無痛感覚」が戻っていない件話す
  →もう少しで戻る可能性もあるが戻らない可能性の方が高いかも
    (抗がん剤のオキサリプラチンやると確率が高いらしい)

2.術後の抗がん剤治療について
 ①基本は術前に行った抗がん剤治療と同じ治療を行う
  → mFOLFOX6

 ②開始日は来週(9/21開始→9/23抜針)
  (術後8週間以内にやらないと効果が低くなるらしい)
  →半年間でたぶん9~10回位かなと

 最後に整腸剤等がなくなるので4週間分処方してもらいました。

今日は検査も無いのでゆっくり目にいきましたが、担当の主治医の
忙しい週に当ってしまい、薬局で薬を貰って出たのは14時過ぎてました。

*来週からの抗がん剤治療開始は問題無いと思うのですが、2回目以降時の白血球数や好中球数値の回復次第になるので、3週間では厳しいかも? (術前は回復するまでに3.5~4週間掛かっていたので、、)

 完治(再発や転移無し)に向けて頑張るぞ~~!!


文だけだと寂しいので「入院時」の写真を付け加えました。
とあるひの「朝食メニュー」で左上の茶のカップは「珈琲」です。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
16/9/20追記:
抗がん剤治療内容 下記の2番目からやって一番下を開始したら帰宅します。



笑うとなぜいいか

本日は夕方に8割の早さで約50分散歩が出来ました。
約5000歩で3.65Kmと表示されていました。
大分歩けるようになってきましたが、無痛感覚は戻っていません。

さて話しは変わって先月入院時に持ち込んだ本で(その時の記事)、心に残ったフレーズを院内で書留ていたので公開致します。




「笑うとなぜいいか?」斎藤茂田 著書 より

①ひとつ笑えば若返り、ひとつ怒れば老けていく

②笑えないような時とは
心に残る余裕が無い時、誰かと喧嘩してる時、落ち込んでいる時、家族に病人がいる時、肩書の偉い人、プライドが高過ぎる人、石頭な人、人生に対して後ろ向きな人、コンプレックスのある人、自分を大切にしない人、好奇心が貧弱な人、人を大切にしない人、お金があっても笑えない時もある

③時薬、日薬、笑い薬

④男の顔は履歴書(大宅壮一)、女の顔は請求書(吉池淳之介)、笑顔はその人の履歴書(斎藤茂田)

⑤「笑う事」は逆境を跳ね除けるたくましさを鍛える「希望と勇気」を送り込むトレーニングでもある

⑥游びの心得3か条
義務感を捨てられるもの、羞恥心を捨てられるもの、下手な下心を捨てられるもの

⑦やるべきことを先送りしない

⑧恋をすれば脳が喜ぶ、脳が喜べば長生き出来る


*結構良い事が書いてあったし、なるほどと思う言葉もありました。
皆さんはどれが記憶に残ったでしょうか?

人生4つの「おつきあい」(本の紹介)

本日、関東の天気は目まぐるしく変わる変な天気でしたね。

そんな中夕方に、雨の隙間をぬって最寄り駅迄普段の8割方の速さで散歩してきました。
1週間前と比較すると「痛み」も少し和らいで来てるし、歩く早さも倍以上早く歩けるようになってきました。

ただ駅近くなったら雨がポツポツ落ちてきたので、駅前のビル内の書店で立ち読みし、本を1冊買ってきました。




タイトルは、【 人生は4つの「おつきあい」 】です。
その4つとは「お金」「神様」「人間」「病気や災難」と書かれていました。

中を少し読んでみたらとても興味が涌いたので買ってきました。

本の詳細は下記を参照下さい。
Amazonでの紹介内容:http://goo.gl/aX4Zex

※書店に寄った際は是非一度目に止めて見て下さい。


買う程では無いが最近立ち読みしてる本が、
【 東芝 粉飾の原点 内部告発が暴いた闇  】です。
本が厚いのと字が小さくて進みません(^_^;)
Amazonでの紹介内容:http://goo.gl/VfVKLx


それともう1冊気になっている本が、
【 今日が人生最後の日だと思って生きなさいです。
こちらは薄くて字も大きいので立ち読みで読み切ってしまいそうです(笑)
Amazonでの紹介内容:http://goo.gl/0Gp754

たまには役に立つ話し-その2(高額療養費制度)

久し振りに「たまには役に立つ話し」第2段を綴ります。
第3段があるかどうかはリクエストや気分次第ですが(笑)

高額療養費制度について(70歳未満の方について記載)
健康保険制度の改正に伴い、平成27年1月から高額療養費制度の区分(3区分→5区分に変更)が変わっております。

1.限度額については「標準報酬月額」で変わります。
 ア:83万円以上-----¥252,600(多数回該当時は
140,000)
 イ:53万~79万円--167,400(多数回該当時は93,000)
 ウ:28万~50万円---80,100(多数回該当時は44,400)
 エ:26万以下--------57,600(多数回該当時は44,400)
 オ:住民税非課税----35,400(多数回該当時は24,600)
 ⇒収入によって医療機関に払う上限が異なります。
  予め「限度額適用認定証」をn申請し医療機関に提示する事で
  上記の各上限以上払わなくて済みます。
  又( )内はが過去1年以内に上限が3回以上超えている場合に適用されます。
  連続して高額なら4回目の時から適用になります。

詳しくは下表を参照下さい。



※但し高額療養費制度では差額ベッド代、食事代、保険外の負担分は
対象となりませんので実際の退院時にはもう少し多く支払います。
  又、「アメニティー代」等も別途になります(後から請求きます)。


2.自己負担額の基準
 ①医療機関ごとに計算します。
  同じ医療機関であっても、医科入院医科外来歯科入院歯科外来
分けて計算します。
 ②医療機関から交付された処方せんにより調剤薬局で調剤を受けた場合は、薬局で支払った自己負担額を処方せんを交付した医療機関に含めて計算になります。

 ※合算対象のポイント
  70歳未満の方の場合は、受信者別に上記の基準によりそれぞれ算出され自己負担額(1ヶ月)が21,000円以上のものを合算することができます。

3.高額療養費制度を最大限に活用するポイント
 ①できれば月をまたがず入院する事がベストです。
  仮に1ヶ月入院したとしても月半ば入院~翌月半ばだとそれぞれの月で
治療した内容での請求がきます。
 ②退院時に処方される薬は多めに貰っておくのも良いでしょう。
 ③入院前に「限度額適用認定証」を用意しておきましょう。
  後からでも請求出来ますが一旦窓口で3割支払う必要が有り、返金される
  迄時間を要します。
 ④医科外来では¥21,000を超えていないと高額医療の対象にならない事を
頭に入れておきましょう。
 ※詳しくはそれぞれ加入の保険機関で確認下さい!!


実は今年4月にポート「埋め込み手術&抗がん剤治療」で入院しました。
高額医療になっているので退院時は限度額ですみました。

しかし同月入院前にMRI検査やその結果の為の外来受診、退院後に不調の為外来&薬局での処方受けるも微妙に¥21,000を超えず該当になりませんでした。

これから又経過観察と抗がん剤治療の為月2回×半年間以上病院通いになるので「国民皆保険制度」は非常に有り難いですが、「がん保険」には入っていなかったので通院分は全部持ち出しになります。

だからと言って術後の痛みを考えるともう「入院」はしたくありません!!

お勧めは「医療保険」「がん保険」でしょうか?
今は「がん保険」も選択肢が多くなってきたので、内容を良く理解したうえで検討するのも一考かと思います。

- - - - - - - - - - - - -  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
※退院後のその後について

まだまだ痛みが取れず、歩くと結構痛いです(^_^;)
昨夜傷口のテープを剥がしシャワー後によくよく見たら、改めて結構切られていたんだなぁと思うのと、腹筋(腹直筋、腹横筋、内腹斜筋、外腹斜筋)に跨って切られており、特に腹横筋、内腹斜筋、外腹斜の所の痛みが取れません。

画像はネットより拝借しました



比較的車の移動は楽なので、SCに出向いてはゆっくり歩いております。

プロフィール

直也

Author:直也
訪問ありがとうございます! 不定期の更新ですが(最近は月1回の更新目標)気が向いたらお越し下さい♪

2007年5月から「Yahooブログ(直也の寄り道)」でスタートしていましたが、サービス終了に伴い2019年6月1日に「FC2」でも開設し、同月4日に引っ越してきました。2019年5月31日迄は「Yahoo」でアップしたものになります。

2015年3月直腸がん手術、2016年8月肝転移手術、その後の抗がん剤治療を経て2017年4月から経過観察継続中です。

尚、「アメブロ」でもブログを書いていますので合わせて訪問頂けたら幸いです。

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
シンプルアーカイブ
本日の残り時間
リンク
ブロとも一覧
あんたれすの一期一会
スイング・スイング・スイング
へいへいのスタジオ2010
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数
QRコード
QR
Pika_Mouse
powered by
3ET